人気ブログランキング |

三八式/16番鉄道模型・・・・・やる気無し・・・

200連弾薬箱

e0147435_22344650.jpg

どうにか形になりました。
マウントの弾薬箱受けの形状が、よく解らなかったのでテキトーに作ったため、オリジナルとは違っちゃってますがマアいいです。

全体の画像はいくらでもありますが、ピンポイントでの画像ってのは、なかなかあるもんじゃありません。

e0147435_22343788.jpg

100発と、ドラム回しの工具。

e0147435_22342659.jpg

中身はこうなっています。

e0147435_22341883.jpg

装弾口にはローラーがあります。

e0147435_22341044.jpg

こうやってローラーの軸の引っかけ部へひっかけて・・・

e0147435_2234050.jpg

工具を使いローラーを回して弾薬を巻き付ける。

e0147435_22335121.jpg

e0147435_22334275.jpg

残りは箱部へ丁寧に収納し・・・

e0147435_2233318.jpg

マウントへ装着、初弾を機銃へ。

50口径(12.7mm)の弾薬、1発あたりの重さは通常弾で117.48g。
200発だと、23.496kg。
うーーん、重いなあ。

e0147435_22332282.jpg

ローラー部のふたを閉めて工具をはずし、
2回コッキングハンドルを引いて、射撃準備完了です。

後は引き金・・・というか押しがねを押せば1発射し、遊底が後退した状態で止まる。
真ん中の押金を押せば、遊底が前進し次弾の発射準備が完了。

連射したければ、真ん中の押金を押し込んだ状態にセットし、押しがねを押せば連射になる、と。

弾薬をつないでいるリンクは横から排出され、射撃後の薬莢は下へ蹴り出されます。

さーーて、フタ閉めた時の掛けがねをどう細工してやろうかな?
by bnz34 | 2011-10-09 22:41 | M2ブローニング
<< 掛けがね M2ブローニング対空仕様 >>



え、真鍮でスクラッチ始めたってかっ!?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31